検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

どちらの方が幸福?



緊急事態宣言も延長となり、

より一層大変さを感じる方も

多いと思います。

今日はここで

興味深い心理学の話を

したいと思います!


これは有名なアメリカの行動経済学者であり、心理学者の

ダニエル・カーネマンによる話です。

彼はノーベル賞も受賞しています。


まず、大前提として大切なのが

「経験の自己」「記憶の自己」

私たちはこの2つの自己を持っているということです。

経験の自己…

基本的には現在を生きている自己

過去にも戻れる自己

(ちなみに心理学的現在は約3秒だけだそうです!)

★もし経験の自己に幸福感を尋ねるとしたら★

今どれだけ幸せを感じているのか

記憶の自己…

記録を残し人生を紡ぐ

★もし記憶の自己に幸福感を尋ねるとしたら★

自分の人生を振り返った時にどれだけ満足しているか


経験の自己は今の幸せ

記憶の自己は満足感がもたらす幸せ


2つは全く別物なのです!


さらに、

経験の自己と記憶の自己、

どちらがより継続的に幸福を感じられるかというと

記憶の自己となります。


何が言いたいかというと

今一瞬一瞬を安定的に幸せな環境に置くより

大変で困難な状況を乗り越えたと思える方が

脳はより幸福を感じるということです。


今は、コロナウイルスの影響で

苦しさや我慢しなければならないことが

多いと思います。


ですが、

この困難を乗り越えたとき

どんな気持ちになるでしょうか?

今一瞬一瞬の苦しい感情を

どれだけ認識するでしょうか?

当たり前の日常が戻る日まで

もう少しです。。


参考になるTED

ダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎



今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^ ^)!


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter