検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

サーシャ・バイン氏の教え~プレッシャーのとらえ方~



今日は、最近読んだおすすめの本を紹介します!


「心を強くする「世界一のメンタル」50のルール」

(サーシャ・バイン著 高見浩訳)


サーシャ・バイン氏は大坂なおみ選手(プロテニスプレーヤー)の

元コーチです。

彼がコーチである時に、

大坂選手は全米・全豪オープン優勝という成績をおさめました。

大坂選手のメンタルに良い影響を与えたことは間違いないです。


そんなサーシャ氏が著者であるこの本には

アスリートだけでなく全ての人に対して

人生のヒントになるようなメッセージがたくさんこめられています。


その本を読んで、プレッシャーのとらえ方について考えてみたいと思います。


みなさんはプレッシャーを感じたとき、ネガティブな気持ちになることが

あるかもしれません・・・。


では、

人はどんな時にプレッシャーを感じるのでしょうか?


想像してみてください。

>あなたは今日から新しい競技を練習し始めました。

>そして、その日にその競技の世界一の選手と対戦することになりました。

>あなたは勝負に対するプレッシャーを感じるでしょうか?


ほとんどの人がプレッシャーを感じないと思います。

自分の中で「できるor勝てる」という感情がほぼ無いでしょうし、

周りもあなたに対してできることを期待していないからです。



つまりプレッシャーは自分の心の中に「できる」という感情が少しでもあり、

周りから期待されている証拠なのです。


自分の中にそのような感情があることはとてもプラスですし、

周囲から関心をもたれているのは幸せなことです。ありがたいことです。

プレッシャーと闘ったり、無くそうとしたりするのではなく

受け入れ、楽しめれば最高ですね!


補足ですが、

リフレーミングという言葉があります。

意味は、"ある事柄を今までとは別の視点で見直すこと" (goo国語辞書より引用)

「プレッシャー」はネガティブな感情ととらえてしまいますが、

今回のようにポジティブに考えることもできます。

不安、緊張、本番に弱いetc...など一見ネガティブな感情も

リフレーミングしてみると新たな自分に出会えると思います!

意外とリフレーミングの力はすごいので、

ぜひ1度試してみてください!



今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

☆1対1の体験コーチング、チームセミナーに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter