検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

ジョハリの窓



今日はコーチングをするときに大切にしている

ジョハリの窓」を紹介したいと思います!


みなさんはジョハリの窓を聞いたことがありますか?


もしかしたら就活などで自己分析をする際に

使ったことがあるかもしれませんね。

ジョハリの窓とはこれです↓



これは、心理学者のジョセフ・ルフト (Joseph Luft)と

ハリントン・インガム (Harrington Ingham)によって考えられたものです。


自分自身の特性を4つの窓に分類しています。


メンタルコーチとしては

クライアントさんの解放の窓を大きくすることを大切にしています。


なぜでしょうか?


それは・・・


自分で気づいていないことを

自分自身で気づけるようになる

自分自身を客観的に見ることができるようになるから

です。



試合で緊張しているとき・・・

練習が上手くいかないとき・・・

ライバルが気になって集中できないとき・・・

どんな状況でも最後に頼れるのは自分だと思います。

自分のことを客観的に見られる力がつくといいですね。



では、この「自分の客観的に見る力」をどうやったら高められるでしょうか?

(ちなみにこの力は主に前頭前野の機能です)



いろいろありますが、

最も簡単な方法は「感謝する」です。


「感謝」に関する科学的な実験もされているほどですが、

感謝にどんな効果があるかというと

・「自分は変われる 向上する」という気持ちがもてる

・脳細胞が増える

などがあります。



毎日1つ、どんな小さなことでも良いので

感謝できることを探してみてはいかがでしょうか(^^)?



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


☆1対1の体験コーチング、チームセミナーに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter