検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

チーズはどこへ消えた?



今日は本を紹介したいと思います。


タイトルにある通り

「チーズはどこへ消えた?」

(著:スペンサー・ジョンソン、訳:門田美鈴)

です。


大ベストセラーですよね!

読んだことはありましたが

あまり話を覚えておらず、

もう一度読んでみよう!という気になったので

手にとってみました。


読んだことがある人もない人も

ぜひ読んでほしいと思える本です。


人それぞれ捉え方があるので

私が感じたことを記します。


この本のキーワードは「変化」

変化に対してどのように対応していくのか

2匹と2人のキャラクターが描かれています。


私は変化を起こす前にじっっっっくりと考えて

あらゆる事態を想定してから

一歩踏み出すタイプです。

どうしてそれほどじっくり考えるのでしょうか?

おそらく恐いからです。


私が想定する「あらゆる事態」はほぼ悪い事態です。

失敗した時、上手くいかなかった時のことを

一生懸命考えます。


この本の中でみつけた好きな言葉があります。

「まだ新しいチーズがみつかっていなくても

そのチーズを楽しんでいる自分を想像すれば

それが実現する」


新たな行動を起こすと悪いことばかり想定しがちですが、

良いこと・楽しんでいる自分を想像することの方が

よっぽど重要ですよね(^ ^)


楽しんでいる自分を想像して

ビクビクして小さくなっている自分を笑えるくらいの

心構えでやっていきたいです!笑


最後までお読みいただきありがとうございました(*^_^*)


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter