検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

データ分析〜たくさんあればいいわけじゃない〜



今日から10月ですね。

早い…

早すぎる…

あと2ヶ月で2020年も終わり。


先日、データ分析の勉強をしました。

教えていただいたのは

塚本修太さん

イギリスのソレント大学でサッカー学を学ばれて

データ分析官、スカウトする立場として

ご活躍されています。

(塚本さんの記事発見→こちら

現在はデータを取る技術も進化して

ほとんどのスポーツで活用されていますね。


重要なのはデータをたくさんとればいい

というわけではない点です。


そこから解決策の提案、戦術の提案

できるかどうか。

なぜならチームの勝利のため

データ分析をするから。


これはデータ分析に限らず

いろいろな場面でも同じことがいえます。


ただやみくもにたくさん練習しても、

ただたくさん文献を読んで勉強しても、

どう実践に生かすか、

目的はなんのか、

そこをはっきりさせておく必要がある

感じました。

塚本さんのように海外で経験を積んで

専門家として活躍されている姿に

とても良い刺激をうけました^ - ^

スポーツの進化をしっかり勉強して

活用していきたいです。


今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter