検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

ポジティブと長生き



一気に寒くなった気がします。

今年もあと1ヶ月弱。。

日々、健康に気をつけて

過ごしましょう!


今日は面白い

心理学の話をします。


ケンタッキー大学(アメリカ)の

デボラ・ダナー

180人の尼僧の日記を

調べました。

下記のように

2グループに分けます。

①「幸せ」等の

ポジティブな言葉が

多く書かれているグループ


②「疲れた」等の

愚痴や不満の多いグループ

この2グループを

85歳と93歳時点での

生存率を比較しました。


結果は

85歳時点でも

93歳時点でも

ポジティブな言葉を

多く書いているグループの方が

生存率が高いとわかりました。


言葉と体は繋がっていて

言葉にはとてつもない力がある

いうことができます。

寿命にも影響していると思うと

すごいですよね!


嫌な気持ちの時

苦しい状況の時こそ

嘘でも良いので

ポジティブな言葉を

使ってみてはいかがでしょうか?


参考文献

世界最先端の研究が教えるすごい心理学(著:内藤誼人, 総合法令出版, 2019)


今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter