検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

ラグビーW杯開幕!〜リーチ・マイケル選手のメンタル〜



ついにラグビーW杯開幕しましたね!!

連日、迫力のあるプレーばかりで初めてラグビーをちゃんと見て

こんなに面白いんだと実感しております(^ ^)


そんな中、9月22日に放送された情熱大陸が

日本代表キャプテンのリーチ・マイケル選手でした。

私たちが学ぶべきことをたくさんお話ししていました。


印象に残っていることが2つあります!


1,「恩返し」したいという思いの強さ

15歳で日本へ来てプレーしているリーチ選手。

慣れない環境の中、自分を支えてくれた監督やチームメイト、

札幌での父と母など多くの方に対する感謝の気持ち

あふれています。


自分はラグビーでしか恩返しができない。


「ラグビーが日本でリスペクトされるスポーツになってほしい」

「好きになってほしい」


その思いから、取材やファンサービスなども丁寧に行うリーチ選手。


恩返しの気持ちがリーチ選手の原動力にもなっており、

キャプテンとして本当にふさわしいメンタルですよね。



2,ちょっとのチャンスで全部変わった

リーチ選手は「日本に行く」というチャンスだけで

自分の人生が変わったとおっしゃっていました。


日本に来て最初から強い選手だったわけではありません。

高校時代は「あの外国人選手たいしたことない」と言われたことも

あるそうです。


そういう辛い経験があっても、ひたすら努力し続けたからこそ

リーチ選手は大学、社会人、日本代表といろいろなチャンスを

掴むことができたのだと思います。


ちょっとのチャンスに気付けるか

それを生かせるか


日々のふるまいや努力が少しずつ自分の道を作っているのだと実感しました。



日本代表、次戦は9月28日アイルランド戦です!

全力で応援しましょう(^∇^)


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。



☆1対1の体験コーチング、チームセミナーに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter