検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

一滴一滴がいつしか湖をつくる



国によって性格は様々で

それがスポーツにも表れていることって

よくありますよね。


例えば日本で言えば

協調性を大事にする。

悪く言えば

みんなと足並みをそろえる。

輪を乱すことはあまり受け入れられない。


指導者の言うことをきちんと聞かないと怒られて

結果指導者に気に入られるためにプレーしてしまう。

一方海外では褒めて伸ばすが浸透しており

子どもたちは楽しむために思いっきりプレーをする。

もちろんそうではない指導者もたくさんいますが、

そういう文化があるのは事実です。


そこで今日の本題です!


タイトルにあった

「一滴一滴がいつしか湖をつくる

Kaпka пo kaпka - Bиp cTaBa 」

これはブルガリア語のことわざです。

どういう意味だと思いますか?

少しずつが、やがては偉大になる

という意味でとてもきれいな言葉ですよね!

日本だったらちりも積もれば山となる

と似ていますね。

日々の小さな積み重ねがいずれは大きな成功となる。


ちなみに地球の表面の70%は川や海など水が覆っているのに

それらの水がどこから来たのか

科学者も解明できていないようです。

どう繋がって

何ができるのか

どこにたどり着くのか

想定外のことばかり起きていくのかもしれないですね

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

参考:誰も知らない世界のことわざ(著/イラスト エラ・フランシス・サンダース , 2016)


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter