検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

好きなのに罪悪感(偏愛マップの感想)



日本スポーツメンタルコーチ協会での

活動の中で

「偏愛マップ」を作る

ワークをやりました。


皆さんは「偏愛マップ」という言葉を

ご存知でしょうか?

(参考:偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド)


その名の通り

自分が偏って愛しているもの

好きなものを

自由に紙に書き出すワークです。


私は初めてやったのですが

気づいたことがありました。

さぁ書こうと思ったら

嫌いなものはたくさん浮かんでくるのに

好きなものがパッと出てきませんでした。


嫌いなものに対する

意識が強い証拠でしょうか。


私の偏愛マップの中には

食べること、

テレビを観ることというのが

登場します。


どちらも好きなのですが

それをやっている時は

いつも罪悪感に襲われています。


「食べたら太るなぁ」

「まだやらなきゃいけないこと

あるのに…」

みたいな感じです。


好きなのに純粋に楽しめていない。

もったいないし

つまらない自分だなと思いました。


自分が書き出した好きな物たちが

自分を動かす力になっているなら

余計なことを考えずに

好きを楽しもうと思いました。


しっかり切り替わる

ON/OFFスイッチがほしい!

今度はこの勉強を

しようと思います笑


今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter