検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

意識から無意識へ



みなさんはいろいろなことを意識しながら

練習しているのではないでしょうか?


野球のバッターなら、体重移動・・・

テニスなら、打点・・・

バドミントンなら、足のステップ・・・


あげればきりがないですね(^_^;)


そこで、こんな数字をご紹介します。

●野球●

プロ野球でピッチャーが投げて

バッターが打つまでの時間

約0.4秒 (145km/hの場合)


●テニス●

一般のプレーヤーで

サーブを打ってレシーブをするまでの時間

0.6~0.7秒 (170km/hの場合)


●バドミントン●

コートの一番奥から打たれたスマッシュを

打ち返すまでの時間

0.3秒



こうして数字で見るとどれもとんでもない速さですよね!!!

実際に試合などではほとんど考えている余裕がありません。

ましてや、緊張していればなおさらですね。


下の図のように人間の行動は

意識している部分はごく一部で

無意識的な部分がとても大きいです。

氷山をイメージしてみてください。

水面から見えている部分はほんの一部で

見えないところはとても大きいですよね。



考えながら (意識しながら) 練習することは

意識を無意識にする過程であり、

最終的には考えなくてもできるようになることが

とても大切です☆



地道でつまらない練習があったとしても

意識から無意識へとかえるための

必要な練習だと思えればいかがでしょうか?


今日も最後までお読みいただきありがとうございました☆


☆1対1の体験コーチング、チームセミナーに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter