検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

誰のために練習するの?



必死に練習している

アスリートの皆さん。

中には今日の

ブログタイトルのような

気持ちが強くなってしまう方も

いるのではないでしょうか?


団体競技でも個人競技でも

種目問わず持ってしまう感情

だと思います。


「監督に認められたい

「コーチに気に入られたい

「親から褒められたい

指導者に気に入ってもらえば

より一層指導してもらえたり

スタメンに選ばれたり…


そんなこともあると思います。



私たちは

「他者の期待を満たすために

生きているのではない」

(引用:嫌われる勇気 著:岸見一郎、古賀史健)


これはアドラー心理学

話です。


そもそも「監督」という人間に

気に入られるために

このスポーツを

始めたのでしょうか?


多くの人は

「〇〇が楽しい!」

「どんどんできるようになる!」

そういったワクワク感などが

あったからこそ

今のスポーツを

やっていると思います。


私たちは

気に入られたい相手の人生を

歩いているのではありません。

自分の人生は自分のもの

自分のための人生を。


他者からの評価にとらわれず

自分と向き合うことが

できたとしたら

どんな素晴らしい世界に

なるでしょうか?



今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter