検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

日本人が続々と9秒台へ。そこから考えられること。



7月20日、陸上男子100mで小池祐貴選手が日本人3人目の9秒台を記録しました(9秒98)。

東京オリンピックも1年後となり、

さらに盛り上がりを見せていますね!


9秒台が出る前の日本記録は

10.00秒でした(1998年・伊東浩司選手)。

それから、19年後・・・

桐生選手が9秒98(2017年)

サニブラウン選手が9秒97(2019年6月)


19年間も破られなかった記録が、たった2年間で3人も突破しています。


どうしてでしょう??



もちろん身体的なパワーアップ等も関係あると思います。

ですが、「レッテル効果」も働いたのではないかと私は考えます!


レッテル効果とは簡単に言うと、

自分に貼られたレッテル(思いこみやイメージ)によって、

発揮できる能力が決まってしまうというものです。


「10秒の壁」という言葉があるほど、

9秒台を出すことは簡単ではなく、9秒台が少し遠いもののようなイメージを受けます。


しかし、桐生選手が壁を破ったことで

「自分も9秒台いける!」

「絶対に手が届くタイムなんだ」

という気持ちが強くなったのではないでしょうか。



ここまでの話しを通して、最も伝えたいことは

「いかに何を思いこむか」ということです。

「私なんか・・・」「どうせ・・・だから」

そんな風に思い込んでいたら、発揮できる能力も小さくなってしまいます。


「私は○○できる」

ただ思いこみを変えるだけで、

自分の力をより発揮することができたとしたらいかがでしょうか??



今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

体験コーチングはこちらからご予約ください(^^)↓

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter