検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

東京オリンピック 熾烈な代表争い(卓球・女子)


東京オリンピックまであと220日。

続々と代表内定者が増えていますね!


先日、卓球女子シングルスの代表争いが

大きく取り上げられましたね。

2枠あるうちの1枠は伊藤美誠選手、

もう1枠をかけた争いでした。

そして石川佳純選手が代表確実となりました。


石川選手はインタビューでこんなことを

おっしゃっています。

「シングルスの舞台に立つということは、立てなかった選手もいるということなので。

その分今まで以上に努力しないといけないですし、

その責任を持ってオリンピックの舞台で戦いたいです。」

(参考:石川佳純「すごくつらかった。卓球をやめたいと思ったこともあった」涙の3大会連続五輪


選ばれたことに対する嬉しさよりも

責任の重さを感じさせる言葉ですね。


相手がいるからこそ勝ち負けがある

相手がいるからこそ自分を高められる


勝負の世界でも自分のことばかりにならず

周りの人を尊敬する。大切にする。


スポーツに限らず

自分自身たった一人でできることって

一体どんなことがあるのでしょうか?


周りの人への敬意や感謝をもち続ける重要性を

改めて考えることができました。


最後までお読みいただきありがとうございました(^∇^)


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter