検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

池江璃花子選手のインタビューを見て



19日(水)のテレビで

水泳の池江璃花子選手のインタビューが

放送されました。(報道ステーションにて)


白血病が発覚したのが、

昨年2月。

約1年が過ぎ

今ではトレーニングも再開されています。


池江選手の一言一言に重みを感じ

心に刺さるものがありました。


一番心に残った言葉です↓

「病気になって 水泳ができなくなって

水泳をすることが当たり前だったし

普通に生きて 当たり前に生きて

”ここにいる”ってことが当たり前になってたけど

それは私にとっては全く違って

ここにいることが奇跡 生きていることが奇跡

気持ちがそういうふうに変わりました」


果たしてどれだけの人が

生きていることが奇跡だと感じながら

生きているでしょうか?


自分のやりたい競技ができていることなんて

より奇跡的です。


死ぬほど辛い思いをした池江選手。

病気から得た学びをきちんと整理し

自分のパワーへと繋げて

私たちにも大切なメッセージを送ってくれる。


そんな存在に感謝の気持ちでいっぱいです。


当たり前すぎて気づかないくらいの

日々感謝できることに

目を向けることができたとしたら

どんな素晴らしい世界が待っているでしょうか?


最後までお読みいただきありがとうございました(*^_^*)


1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらからhttps://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter