検索
  • スポーツメンタルコーチ久保田祐未

表情と姿勢 脳と結びつきが強いのはどっち?



最近、

試合中に笑顔を意識することで

自分の気持ちをあげようとしている選手が

多くみられるようになりましたね。


表情が脳に影響を与えているというのは

多くの人が気づいていると思います。


では、姿勢はどうでしょうか?


ガッツポーズをすることで楽しい気持ちになり、

うつむいてトボトボ歩くと暗い気持ちになります。

姿勢も脳に影響を与えているのです。


さらに!


表情と姿勢、どちらの方が脳に影響を与えると思いますか?


こんな実験が報告されています。

①顔を笑顔にしながら、体は肩を落とす

②顔を落胆した表情にしながら、体はガッツポーズ

→どちらの方が感情としてより嬉しく感じられるでしょうか?


正解はです。

表情よりも「ガッツポーズ」という姿勢のほうが

感情に影響を与えたのです。


プレー中に苦しい場面、踏ん張りたい場面で

自分の表情や姿勢を意図的にプラスなものへと

変えてみると面白いかもしれませんね(^ ^)


今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^∇^)


☆1対1の体験コーチング、チームコーチングに関するご相談はこちらから↓☆

https://www.ykubota-sportsmentalcoach.com/contact



<参考文献>

自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 (2016)池谷裕二

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • Facebook
  • Twitter