今日に至るまで

<テニスとの出会い>
私は小学校3年生の時に、
硬式テニスと出会いました。
純粋にボールを打つことが楽しかったです。
「上手だね」と褒められること、
相手からポイントをとれること、
自分の狙った場所へボールを打てることが
とても嬉しかったです。
試合にも出るようになり
思いっきりプレーを楽しんでいました。

<勝ちへのこだわり>
中学生になると
「勝ちたい」という気持ち
強くなりました。
周りには全国大会に出場する選手も多く、
自分も出たいと思いながら
練習をしていました。

そして、
勝つことへのこだわりが強くなり、
負けることが恐怖になりました。


「勝たなきゃ意味が無い」
「結果がすべて」

強く思い込むようになりました。

高校生では
インターハイ出場を目指していました。
練習では気持ちよく打てるのに、
試合では思い通りのプレーができず、
極度の緊張により、
いつもどうやって打っていたか
分からなく
なるほどでした。
結果は敗戦。
全国大会とはほど遠く、
私は現役を引退しました。

<「スポーツが好き」は変わらない>
大学ではスポーツが好きという気持ちは
変わらず、体育・スポーツを
専門として勉強しました。
特に運動生理学の研究室に所属し、
学びの深い充実した大学生活を過ごしました。

卒業後は、やはりスポーツが好きという理由で
スポーツメーカーに就職しました。
社会人になっても
スポーツに関われるということで、
本当に嬉しかったです。
思いやりがあり尊敬できる先輩や
同期に恵まれ、
日々自分に出来ることを
積み重ねて仕事をしていました。

<メンタルをサポートしたい>
そんな中、
仕事上多くのアスリートと出会いました。
周囲からの期待やプレッシャーと戦い、
神経をすり減らして頑張っている
アスリートの存在に気づくようになりました。


私は
「気持ちよく、楽しくプレーをしてほしい。」
「自分自身が叶えたい目標に向かって
純粋にプレーをしてほしい。」
そういった気持ちが強くなっていきました。

このような経験から、
アスリートのメンタル面を
サポートすることによって、
彼ら自身が本来持つ力を
存分に引き出すとともに、
彼らの人生を楽しいものにしたい
と考え
スポーツメンタルコーチになることを
決意しました。

また、私が現役時代に
どうしたらいいか分からなかった
メンタル面の悩みを、
同じように抱えているアスリートを
サポートしたい
という思いも
より一層強くなり、
スポーツメンタルコーチになりました。

その後、
スポーツメンタルコーチ鈴木颯人氏のもとで
メンタルコーチングを学び、
2019年よりスポーツメンタルコーチとして
活動を開始しています。

多くのことを吸収し
自分のメンタルと向き合うと、
「現役の時にこんな考え方ができていたらなぁ」
と思うことばかりです。

私はメンタル面で
少しでも悩みがあるアスリートを、
心理学や脳科学を活用して
全力でサポートしていきます。

そしてスポーツを通じて
みなさんの人生が素晴らしいものになるよう、
日々努力し、
成長し続けていきます。